アインさんへ

このトピックは 3件の返信 を含み、 2投稿者 が参加し、  hiropyon44 7/9(月)23:12 によって最後に更新されました。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 作成者
    投稿
  • #13653

    hiropyon44
    参加者

    アインさんへ 

    昨夜は対局ありがとうございました。また、感想戦もしていただき、とても勉強になりました。
    本対局についてまとめましたので少し長いですが、暇なときにご一読ください。

    本譜は将棋ソフト東大将棋の定跡:対四間飛車穴熊の銀冠を採用しました。昨夜、対戦前に一通り勉強しました。経験値が足りないので左4枚美濃にしようかと迷いましたが、ここは挑戦です。序盤は定跡通りの展開で、少しでも間違うと一気に優勢にできるのですが、さすがアインさん。よく勉強されていると感心しながら指していました。

    ◆ポイントを見ていきたいと思います。
    ①43手目 85歩
     手が難しいですが積極的な攻めの狙いです。 ここでは98玉などもあると思います。
    ②45手目 35歩 これはねらいの一着ですが、タイミングが良かったかどうかは分かりません。
    ③ 52手目 73角 
      非常にいい手だと思いました。何としても勝とうというアインさんの意気込みを感じました。
    ④65手目 51角 
      疑問手です。ここは ▲33歩成り △同銀 ▲25飛車で先手有利です。
      ※55手目の35歩が我ながら非常にいい手で34歩から攻めがつながったのですがチャンスを生かせませんでした。
    ⑤77手目 25飛車 
      ※敗着のようです。このタイミングで飛車切りは危険です。銀冠は飛車に強くないし、穴熊がまだ崩 れていないのでさ  すがにダメですね。18飛車と辛抱するのが正解でした。  
    ⑥83手目 52歩 
     悪手でしたね。32歩が正解でした。後で55歩や59歩が打てるのに消してしまいました。
    ⑦95手目 同金右で正解でした。 ※同桂馬でも78銀同玉69角で後手の勝ち
    ⑧97手目 86歩には同金直が正解。63歩成りが詰めろになっていないのでこれも間違いでした。
    ⑨105手目 同金では86玉が正解です。少し詰みが難しくなります。

    ◆まとめ
     初めての戦型だったので不安が多かったですが、まずまず試合が作れたように思います。ただ、まだまだ、試合経験が足りないです。序盤からいろいろねらいがあるので面白く、初めてでしたが自分好みの戦型です。今後、この戦型を使って四間飛車穴熊退治を研究したいと思います。アインさんは序盤の応対もスキが無く、終盤も正確な指し手が素晴らしかったです。さすが、初段だと思いました。中終盤もっとうまく指せば私にもチャンスもあったようにも思います。負けはしましたが、今後に手応えを感じることができました。
    ◆補足
     左4枚美濃は美濃囲いの四間飛車に対応する定跡形です。美濃囲いは銀冠に進展する可能性があるので玉頭を銀で守る必要があるのですが、穴熊の場合は上部から攻められる危険性が低いため4枚美濃にする必要は無いように思います。それで、四間飛車穴熊に対する定跡形を探したのですがなかなか見つけられませんでした。昨夜ようやく東大将棋の定跡道場で見つけて今回それを使ってみました。ただ、アインさんがおっしゃる通り、対四間飛車穴熊では左4枚美濃も有力な指し方です。玉頭の銀が働けば、勝てる可能性が高くなると思います。ご存知のように私はこの戦法はかなり指し慣れています。ただ、この戦法は銀が攻めに使えないことが辛いところで、攻めが非常に難しいのが欠点です。今回はその欠点を打開するための挑戦でした。
     ◆最後に

     このところ、私は実力に自信がついてきて普段の将棋では力戦形が増え、定跡形で指すことが少なくなったように思いま  す。力戦形にすると面白いのですが難しい面もあり、反面思わぬ敗戦を喫しイライラするようなことも増えました。しか  し、アインさんのような強敵が相手となると定跡形でないとなかなか勝つのは難しいです。今回は定跡形を改めて勉強し直 す良い機会になりました。また是非、対局をお願いします。
     
      hiropyon 44 より
     
     

    #13662

    hiropyon44
    参加者

    アインさんへ 

    今日は長い時間チャットに付き合っていただきありがとうございました。
    途中で、接続が切れてしまい、申し訳ありませんでした。 何かありましたらこの掲示板も書き込んでください。

    以上、よろしくお願いします。  hiropyon 44  より

    #13665

    ain-sof
    参加者

     hiropyonさん、とても丁寧な文章の記事、読ませていただきました。

     さて将棋の話題になりますが、hiropyonさんと先日指させていただきましたが
     底力があり、冴えた将棋を指すhiropyonさんには恐ろしい強さを感じております。

     更にきっかけをつかめばもっと強くなると思っております。

     対局、勝ちたかったので、他の戦法を指して、読みをはずそうかなとも考えておりましたが
     あえて懐に入り、私の得意な四間飛車穴熊で挑戦を表から受け、いい将棋が指せたので
     結果は勝ちましたが、hiropyonさんの強さに感心をしております。

     そうですね、正直なことを言いますと
     銀冠より四枚美濃のほうが対策を立てる側としては厄介です。
     33銀(77銀の型)で守りを固め、飛車角桂馬歩を使い攻められるほうが
     やりずらく、困るのですが、そのときはそのときで対策を立てると思います。

     あとちょっとだけ・・・。
     定跡の本みたいに返されたと書いてありますが 
     私は、東大将棋ではありませんが、広瀬さんの穴熊の本を参考書として読んでいますが
     アマに限らずプロ棋士の方にもタイプがわかれますが
     私の場合に関してはすべての手順を定跡を丸暗記していて
     指しているわけじゃないんですよ。

     実は、実戦で覚えたやり方を定跡書でイメージを膨らませて
     こういう型にすればいいのかというのを、ぶつけています。

     気づいたら、それが定跡書の応手と同じだったということで
     筋とかより高度な応手に近づいていたということです。

     これが私の強みと思っており、あと終盤力には自信があるから
     なんとか24の初段や二段の方とも戦えているのだと思います。

     この新たな感覚を身に着けると(私の真似をするというのではなく)
     要は将棋の強くなり方は、人それぞれなところもあるのかなと最近は思っております。

     ain-sof より。
     

    #13666

    hiropyon44
    参加者

    アインさんへ 

    お忙しいところ、丁寧な返信、誠にありがとうございました。
    褒めていただき、非常にうれしい反面、なかなか上に上がれないのでもどかしい気持ちもあります。私の支部の県名人の方にも私の将棋を褒めていただきなんともうれしい限りです。幸せだと感じます。そのためにも何とかもっと勝てるようになりたいと強く思っています。
    アインさんのおっしゃる通り、アインさんの実力が最善手に近づいているということを示しているように思います。
    そうですね、勉強しているというのは少し語弊があったかもしれないですが、私はアインさんの実力に感心したのが事実です。定跡書は数多くあり、ピッタリ合っているというのは珍しいですからね。アインさんの実力は本物だと思います。
    負けはしましたが、すごく面白い将棋だったと思います。
    今の級(4級)で指しているのは正直なところ楽です。3級を超えると少しきついなと感じます。こういうきつい将棋に嫌気がさすこともあるのですが、別の世界の楽しさがあるように最近は感じています。
    ご指摘のように、アインさんの実戦感覚は有段者の方との実戦の中で鍛えられたものだろうと推察されます。これから、アインさんのような強豪と数多く対戦し、勝つ感覚を身に着けるしかないように思います。そのために頑張ってRを上げ、できるだけ早く初段の目標を達成したいです。
    ◆次の対局の機会を楽しみにしています。

    hiropyon 44 より

     

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

このトピックに返信するためにはログインしなければなりません。