ドーピングについて

このトピックは 2件の返信 を含み、 2投稿者 が参加し、 ペンギン ペンギン 9/16(金)00:14 によって最後に更新されました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 作成者
    投稿
  • #11050
    ペンギン
    ペンギン
    参加者

    リオのオリンピック、おわってもうしばらくたちますね。ドーピング問題で揺れた大会という印象がありました。
    さらにドーピングについて語りたいです。
    将棋ではもちろんドーピング検査はないのですが、ドーピング薬を服用している場合、大会に参加していいものですかね?
    ふと疑問に思ったので質問してみます。
    ツールドフランスのアームストロングさんのようになっちゃいますか?(謎)

    トピックをどこに立ち上げたらいいかわからないので将棋以外に書き込みました。

    #11051

    まず、禁止薬物の定義から考えましょう。
    1・・・法律上どこの国でも使えない薬物
    2・・・日本国では禁止だけど他の将棋連盟のある国のどこかで使える薬物
    3・・・日本では可能だけどその薬物を使用することで選手生命を縮めるなど弊害がでると推測できる薬物
    4・・・その薬物が特定の効用があり諸外国を含め認可薬となっていて日本国でも保険内治療の処方薬となっているもの
    5・・・保険適用外だがその薬物に断定的な副作用は認められないもの

    大きく分けてこんな感じであろうと思います。
    1は問題外ですが、2は24道場のように世界基準だと黒に近い灰色でしょう。
    3はだめといいたいでしょう。
    では5のように缶王加王非レベルならどうでしょうか?
    あるいは、葉巻のような類はどうでしょうか?

    #11052
    ペンギン
    ペンギン
    参加者

    その中ならドーピングの定義にふくまれるのは1、2はもちろんですが3,4が微妙なラインかな?
    ただ3のものは使わない方がいいですね。
    葉巻は5なのかな?目の前で吸われたら嫌な気分になりそうだが、席をはずして吸われるのなら気にならない気がする。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

このトピックに返信するためにはログインしなければなりません。