将棋の本についていろいろ語ろう

はじめに 将棋倶楽部24掲示板 24知恵袋 将棋の本についていろいろ語ろう

このトピックは 384件の返信 を含み、 21投稿者 が参加し、  kannju 4/23(火)16:29 によって最後に更新されました。

35件の投稿を表示中 - 351 - 385件目 (全385件中)
  • 作成者
    投稿
  • #16149
    六夢Ⅱ
    六夢Ⅱ
    参加者

    3月18日に自分にとっては興味深い棋書が2冊でます。

    一冊は矢倉の本(矢倉の新常識)、矢倉は終わったということで激減していますが、
    「どっこい矢倉はまだまだ終わっていない」と男気を感じる棋書です。

    もう一冊はノーマル振り飛車には全て居飛車穴熊で戦う本(対振りなんでも居飛車穴熊)
    最近はノーマル振り飛車に色々新しいアイデアが織り込まれ、数が徐々に増えてきています。
    その新しい形を居飛車穴熊で迎え撃つ棋書です。

    #16161
    kuribo1118
    kuribo1118
    参加者

    矢倉を指すと毎回右四間  うんざり   でもこれが一番指せるんですね

    矢倉と4は相性がいいのかもですね  美濃、穴熊、すべてと連環の深い
    すばらしい陣形です

    #16245
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    ツタヤでいいものをいっぱい見つけたのですが
    買おうと思って結局別の本の上に置いて
    帰ってきました。現行の法律では裁かれないので
    まぁいいかと 思うことにします タクシー代に
    まわしたいですしね 売ることが難しくなった以上

    昨日は隣人を味方に回せましたが、基本的に隣人が
    車を操作しようとするタイミングは固定されてる
    ようなので 仕方ないですね 自分の車を持てば
    好きなだけ売れるように変わったので(免許証を)
    今度はもっといろんな本に囲まれて眠れるようになります

    #16398

    kannju
    参加者

    少し前に 紹介されていた 初段になれるかな
    今日本屋にあつたので見たら すごく薄くて
    これ読んで ほんとに初段なれるかな?と思いました
    中身は見ていないので内容は わかりませんが
    将棋は初段を目指している(24の初段ではなく町道場の初段)人が多いようですが
    近道はなく 王道 詰将棋 実戦 棋譜並べ(+定跡の研究)を
    地道にやるしかないと 私は思います

    #16400
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    実際の初段を諦めかけていた、さくらはな。先生の質問がツボなんですよね。この本だけで初段を目指す
    というより一度挫折した人向けシリーズですね。見つからない思たら廊下の寒いところでひんやりしてはりました・・・。横歩取りみたいな難しいのをやる必要まったくなし、のところは吹き出しました。
    決してさくらはな先生が解説することなく、それでいて笑いのとれる所では決して物怖じしない姿勢が
    好印象でした。「四間飛車がわかる本」を勧めますかね、高野先生の本気を味わいたい方には・・。
    次の一手質問1~5が非常に面白く、2の▲3三角成、5の▲6七銀以外はかすりもしなかったです。
    ▲5五馬は格調高いなぁあ ▲3三角成はともかく次の▲5五~6三歩にはしびれました・・・。
    棋譜並べの効用のプロの棋譜を並べることで勝った経験のみを増やせる(それもプロ相手に)には脱帽。

    高橋先生の「駒落ち新定跡」 入手できました。角落ちや飛車香落ちの三間飛車穴熊を解説されてるのがありがたい限り・・。前出会った時にはこのありがたみが分からなかった。四枚落ちらへんはさらっち読んだ。矢倉のところは本格的な手を選ばれて解説してくださってるので何度も読んで、本棚に飾っときます・・・

    飯島流対振り飛車秘策の引き角戦法 飯島英治さんの横歩取りの本に感化されて購入 祝文庫本!!
    野獣流攻める矢倉&右四間飛車 泉正樹八段 前々から気になってたので購入 文庫本なので多分売らない。
    羽生の頭脳5~6巻 まとめた文庫本 矢倉ver こんなに重要だったとは・・・まぁ捨てちゃったので仕方なし・・。変わりゆく現代将棋(上・下)も売ったり、捨てちゃったり、お金の使い方が下手すぎるんですね。三日くらいは全くお金を使わない修業に入ろうと思います はい

    #16439
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    自分的には 羽生さんが権威 一歩続いて 青野様が権威2 ・・・えぇ権威3はプロ全員
    という感じに見えますね。 信じるという行為は感じるという行為を緩められる唯一の機関なんですね;

    l見るという行為は感じるという所作には勝てぬ みたいなことを以前申しましたが
    それは見る」が五感に含まれてしまっているから:なんですね 聞く とか 触る とかさらには己:
    すべてが信に含まれており、それ故に 薪が   まぁ」」 いいや

    本的には どの本ももちろん 価値があり 対等なのですが
    日本列島 ですから 喧嘩両成敗 の国なんで 基本的に権威主義は
    今後5000年は この島 においては 崩れんのだろうな;
    そう思うこのごろであります   生まれてくる前の魂には勝てん。

    #16500
    六夢Ⅱ
    六夢Ⅱ
    参加者

    手元にあったら良いなと思う棋書でもう戻ってこないだろうと思うのが「将棋大観」と「将棋に強くなる本」
    貸す以上は帰ってこない場合も織り込み済みで、それはそれで仕方がないと思って貸すわけだが。

    その中で「将棋に強くなる本」を昨日古書店で見つけたので買ってきました。
    初版から40年くらい経ってますが、その間ずっと増刷を繰り返してきたのでは思われるほどの有名な棋書です。

    読みどころ満載ですが最初の最初だけを並べると・・・・

    あなたはどんな指し方をしているか
     一局にどれくらい時間をかけているか
     局後はお互いに”読み”を検討する
     対局態度は棋力に影響する
     対局過多はマイナス
     長考にも限度がある
     上級者と指すことが上達の早道

    確認の意味でも時々は取り出して読みたい棋書です。

     「将棋に強くなる本」

    #16546
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    貸すときは落として誰かが拾ったんだと解釈しますね お金もそういう印象です
    大切に返してくれる人は25年生きてきて一人しか会ったことないです
    ぼろぼろで2~3枚はがれて、背表紙までお亡くなりになったので
    古本屋で再購入しました。三万位しそうな本でも百円で売られるのが日本なんですね。
    ありがたい限りです

    #16548

    kannju
    参加者

    将棋に強くなる本 私も持つていたけど今はないです
    あと 逆転のテクニック下巻とか
    処分したのか どつかに のけたのかわかりませんが なくなっている本あります
    古本屋にありますが買おうとは思わないです
    大野九段の実戦集もなくしました
    古本屋でみると すごい高値で
    なんで高いのかわかりません
    古本みてたら ほうがいに高いのとか安いのとかあります
    七條兼三氏の作品集 将棋墨酔
    18000円で売る店もあるのに 6千円台で売っている店があつて
    安いとは思いましたが 買って解けないしとながしたら
    だれか買ったのかすぐなくなりました

    #16549
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    ジンバブエドルだったかなんだったかが「フシギ」な値段で売られていた話が
    おかしくて笑いましたが、それでも買っちゃうんですね 飛落ちなんかはそもそも
    強い機械は▽4四歩止めてくれないんだけど、それでも読んじゃいますね 並べるか
    おもしろい本は何百回読んでもすぐ忘れます そしてまた読むという
    角換わり名局集は終盤の発想がつよいひと・そのもの で読むのにすんごい時間かかって
    検証も十分にできなくて あんまり満足感ものこらない という でもおもしろいです
    香落ちの変化は斬り合いのところが好きです。 中飛車の項は確かに何一つ正しくないと思う
    でも正しさってそういうものですね 経験を信じる以外の道があるのかという
    横歩取り名局集はここで▼4七角が浮かべば高段だろうのざっくりさがくすりと来ました。
    内藤さんの金の上下運動ができれば高段説はギャグか何かと疑りましたが、
    正しいと理解する。これが一つの壁、それを実戦で迷わずに指すで三段壁、今思うと確かに一理ですね

    #16555
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    知ってるがゆえに価値が分かる。わかるがゆえに期待する。
    期待があるがゆえに無視される 無限怨嗟ですね
    人ならざる者の方が人よりもはるかに理解しやすいということです

    #16561
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    無敵定跡売られたわ 不覚
    でも1時間悩んで 汗びっしょりになって
    気付いたら家帰って どきどきしながら なんとが戻って
    まだ売ってて まぁ 買って帰ったあの本を破格で購入できたので
    運 や よし

    #16566

    s789456123
    参加者

     
     以前、確かここのトピックで紹介されていた故米長邦雄永世棋聖
    の著書「逆転のテクニック」上巻が手に入ったので、ザット読んで
    みました。
     主な購入目的は、伊藤看寿の『将棋図巧』等に関しての記載の確
    認なのですが、(まだ全部は読んでいないので)その点は後日とし
    て、詰将棋のトレーニングに関する基本的な考えが非常に近いと感
    じた部分がありました。
     
     同書には、「3手詰が・・・スラスラ解ければ立派に初段はある
    といえよう」「九手以内の詰将棋が大体詰むというぐらいになると、
    誰でも絶対に有段の棋力がついているばずである」と書かれていて、
    さすが詰将棋全般の事を良く分かっている人だなあと感心した次第
    でした
     

    #16634

    kannju
    参加者

    昭和12年発行
    六段塚田正夫著 新選詰将棋 の序文に
    将棋上達の一法として 詰将棋の研究が必須なことは ようやく一版論となつてまいりました
    寄せが鋭くなる事は 言うまでもありませんが 思考力養成する点で
    その効果を期待できます
    とかかれています
    初心詰将棋10題 古典詰将棋108題 自作詰将棋20題 合計138題の詰将棋が載っています
    私の力では詰めれないものもありますが できるだけ自力で解きたいと思います
    私が詰将棋を解いているのは
    実戦のためが半分 好きなことが半分です

    #16635
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    しのぎの手筋ですかね   はい

    #16674

    kannju
    参加者

    六段塚田正夫著 新撰詰将棋
    初心詰将棋10題 解きました 最初は7手詰でしたが 9番は23手詰
    10番は21手詰 初心詰将棋にしては長めでした
    あと古典詰将棋 最初は駒競 11題
    駒競は解いたことがあり 手数も長くなく それほど難解ではなかつた印象があります
    一番は 駒競2番 すごく駒が広くすぐにか解けません
    駒競100番をみてみたら 図面広いのもけつこうあります
    久しぶりに 古典詰将棋解きます 108題あるのでゆつくり解きたいです
    無双や図巧もあるので楽しみです できるだけ 自力で解きたいです
    自作20番は短編もありますが中編や長編もあり 興味深いものです

    #16679
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    一番と60~70近辺の左下に置き馬と持ち金で追い詰める詰めがすきです。
    イマ見ると大概は 解けないですね   綺麗でシンプルでこのみ が多い

    #16718

    kannju
    参加者

    新選詰将棋の 古名作解説は 江戸時代の図式集のなかから
    将棋駒競から11題 将棋精妙から17題 将棋王図から16題 図巧から21題
    無双から24題 将棋秘曲集から19題 の名作を塚田正夫六段が選んで解説したものです
    このなかの 無双 図巧 駒競 は難解なので解けないものもありますが若いころ解きました
    精妙 王図 秘曲集は解いたことはないです
    古図式に挑戦するのは 若いころ以来です 棋力も気力も落ちているので
    何題解けるかわかりませんが ゆつくり 時間をかけてやりたいと思います

    #16722
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    それが壱番 たのしく かくじつに 書籍をたのしむ ゆいつのやり方でしょうね
    生まれ変わった後も 将棋っぽいなにかに かもまれたいものです ppp「

    #16728
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    詰将棋200選

    最新  大内伸介の    など むずかしい術語が表紙に登場・・・道場されるのでありますが中を開けてみれば心尽くしの限り。h  なな中々じゃないかとおもいますね

    #16730
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    hikikaku戦法  飯島えいじ

    はい あんごうjか   三ん業火  暗号化に僅成功いたしましたが

    なかなか 面白い 暗示法がいくつかありまして 振り飛車ならこう期待してるはず

    居飛車が指さないはずの手など と分類されておりますね い

    本にかきも、うい7  書き込む邪法は大昔れから実在しており 知りたきゃ

    わがはいはねご  で検索を

    #16731
    momozukin2
    momozukin2
    参加者

    あたしは どんな指し方をしているか  は語れる

    しかし タニンガ どんな生き方をされてきたか

    これは騙る  lこよしかできないのですね  はい

    制法  問峰   聞補油     きく  聞法  うーん

    5じゃ  6勘でいどですかね  今のかんかくは   釈迦に小便かけるのが日本人の子供でブーム。
    お金持ちになりたきゃ 新本製作所 と 旧本正確法裁定奴隷欽定謹製イン文化姦的古本屋へ
              資本に関しては正確な取引が可能なのですが、日には正確には邪法のみしかありませにゅゆえ  というかサインとか指紋の有無で判決が変わりすぎて裁判所を全壊しないと日本人はその内50発のミサイルで同時滅亡ですよね なのに日本語学ぶのは邪魔しかしない催眠術師がお金を吸収っと。石
    GO 頼むから人間買わせてくれよ。   ということですね   お金は無視することをすすめますよ  はい 法律によって  企業も買収が許され、カードの生成も聖性も複製までもが許され
    あらゆる詐欺が許されてしまった現代においては・・・です。海外はしらん 

    To THE Library  →   MONEY&TAXI&&&LAWER&SAFETY♪♪♪

    速度 が法を理解する邪法になりすぎてしまっちょうで・・・玉とったり 去勢したりとかは
    普通許されることばっかりなんですン   なのに神束盗んで なんで 牢屋に行ったりだっがーく
    たたた大学的DAIGYAKUSATUなどを挽きおこkしなさるのか・・・
    なんで牢屋と現世を自由に行き来させてあげないの? 邪魔じゃない。あんなの  本を運ぶ人の気を知りなさいよ  ゲーム運ぶにも小金かかるのになんで TAXIが国営化されたりゲーム化されないのか。。。そりゃ自殺するよな。 祖先に抱擁されてる方が楽しいに決まってる。 法など実在せん。LAWは別な。光
    めんどうくさがるのが任毛の人間の佐賀なのでしょうかね 奴隷になりたいのか自由になりたいのかさせたいのかはっきりさせなさいよってことなんですね、。はい。

    #16732

    kannju
    参加者

    新撰詰将棋 古名作解説一番 駒競二番
    図面が広く 時間がかかりました 15手詰と手数は短いですが
    正解も変化も妙手が必要で 塚田政夫六だんの解説では難解ではないが
    軽妙な手筋が含まれていると書かれていますが 私には難解でした
    私は 図面が広いのと 入玉形は苦手です
    桑原辰雄著 ガチンコ詰将棋 105番が解けてないですが 図面が広いです
    古今短編名作集(250題)で2問とけなかつたですが いずれも入玉形
    山本民雄氏作と若島正氏作
    山本民雄氏の作は看寿賞を受賞しています
    若島正氏の作は近代将棋に発表されましたが 短編であるのに 中編的内容を含んでいる
    と言う理由で塚田賞をのがしたそうです 選者の塚田正夫九段は難解なものを好まれなかつたようです

    #16767
    六夢Ⅱ
    六夢Ⅱ
    参加者

    いつも将棋本関係のメールが届くのだが、
    その中に「将棋400年史」があり、
    表紙の写真を見て気に入ったのでそのまま購入した。

    そして先ほど届いたのだが・・・・
    イメージしてたのより小さい本だったのと、
    中に全く写真がなく文章のみだったのがちょっと残念でした。

    でもこれ一冊で400年の流れがわかるので中身は面白そうです。

    「将棋400年史」

    #16934

    kannju
    参加者

    プロは指将棋 が本職なので アマ時代に重圧な詰将棋を作っていてもプロになると                   職業詰将棋作家になり 啓蒙用の作品をつくるようになる人が多いようです
    高段者であり 有名な詰将棋作家でもあるプロの代表的な図式集を書いてみます
    塚田政夫九段(名人2期) 昭和詰将棋新集(50題)
    二上達也九段 将棋魔法陣 二上達也詰将棋作品集(200題)
    内藤國雄九段 図式百番
    谷川浩司九段(17世名人) 月下推敲
    伊藤果八段 果し状(200題)
    昭和詰将棋新集 は見たことはないですが いずれもすばらしい作品集だと思います

    #16944

    kannju
    参加者

    昭和詰将棋新集は塚田九段が19才四段の時発行したもので
    当時塚田銀波と号し 将棋月報に中長編の大作を発表していて
    そのころの作品50局をあつめたもの
    3作は古今詰将棋名作選などでみることはできますが 本は
    昭和7年発行なので古本屋にもなくてにはいりませんが
    資料が手にはいるかもしれないのでほぼ全容がわかるかもしれません
    (4ページ欠落しているそうなので 何題かはないかもしれない)
    まだはつきりしていませんが 貴重な作品集なので見るのを楽しみに
    しています

    #16947

    kannju
    参加者

    塚田政夫九段著 昭和詰将棋新集 著作権の問題で
    残念ながら 資料を取り寄せることができませんでした
    棋譜は新聞社に著作権があるんでしょうけど 
    詰将棋にも著作権があるようです

    #16955

    kannju
    参加者

    塚田政夫九段は若い頃 塚田銀波と号し将棋月報などに中長編の大作を発表していて
    19才四段のとき当時の作品50題を 昭和詰将棋新集として 昭和7年発行しています
    今私は 昭和12年発校の 塚田正夫六段著 新撰詰将棋 の自作20番をといています
    銀波と号して将棋月報などに中長編を発表していたのが何歳ごろまでかわかりませんが
    新撰詰将棋の9番は続詰むや詰まざるやにのつている
    塚田政夫四段著(当時)昭和詰将棋新集9番 無仕掛けの大作47詰と同じでした
    ほかにも 引用しているものがあるかどうかは 昭和詰将棋新集が4題しかわからないので
    確認できません
    いずれにしても 新撰詰将棋までの作品は 中長編の難解作が多いです
    後年塚田流短編で有名になり 詰将棋の作品も多くだしていますが
    ほとんどは啓蒙用の比較的易しいものです

    #16958

    kannju
    参加者

    今は 塚田六段著 新撰詰将棋 をメインに解いています
    初心詰将棋10題 古名局解説108題 自作詰将棋20題 合計138題
    難解作や長編もあるので 解けないものはパスしてとけるものだけ解くつもりです
    初心詰将棋は10題終わり
    古名局解説は(古図式)
    駒競は11問中10題解いて1題パス 精妙は17題中3題めまで解いています
    自作詰将棋20番は5題めまで解き 6だいめは不正解 7題めは数日かんがえてわからず 
    手数を見たら85手だつたのでパス
    8題目は31手詰ですがなんとか詰めました
    年齢的にも長編(41手以上)はきついですね

    #16959

    kannju
    参加者

    5月号の将棋世界の付録に 4x4の美 伊藤果八段の詰将棋集がついています
    3手~11手詰 50題
    以前4x四図式 箱庭の囁き 39題
    七段伊藤果 詰将棋が付録になつていて
    こちらは 13手~23手でかなりむつかしいです

    #16962

    kannju
    参加者

    伊藤果八段は 4x4図式だけでなく 3x3図式にも挑戦中だそうです
    4x4図式だとだいぶ考えやすいです
    古図式は図面の配置が広くて難解なものが多いです
    山中龍雄作品集(短編百題)は15手以内なので 1題出題します
    37番13手詰
    玉方 15玉 23歩 25金 33桂 34歩 53馬
    攻め方 36飛 58馬
    持ち駒 飛桂桂香
    図面が広くて考えにくいですが 詰将棋が好きな人は解いてみてください  

    #16972

    kannju
    参加者

    考えた人が いたかどうかわかりませんが 正解を書きます
    27桂24玉14飛同玉16飛24玉14飛同玉15香24玉16桂同金14馬まで13手詰

    #16983

    kannju
    参加者

    塚田政夫九段 若いころは塚田銀波と号し 将棋月報に大作を発表していたそうで
    その頃の作品を求めて 若いころの作品を手に入るものは古本屋で購入
    昭和7年から25年まで8冊発行 その内4冊購入
    全部みたわけではないですが 昭和7年19才四段の時発行した
    昭和詰将棋新集(50番)が唯一 塚田銀波銀波と号していた頃の作品を集めた
    もののようです 基本的に ほとんどは啓蒙的な作品集のようです
    昭和12年発行の 新撰詰将棋は 将棋の歴史や 古図式の名局を解説本格的なもので
    自作20番も 短編9 中編8 長編3 と長くて難解なものも含んでいます

    #17042

    kannju
    参加者

    昭和詰将棋新集(塚田政夫四段著) 7番まで終わりました 2番と5番は解けなくて
    パスしました 一通り解ける者だけ解いて 解けなかったものは
    もう一度挑戦するつもりです
    力作ぞろいですが 17手詰もあり 最長107手 そんなにめちゃ長い
    ものはありません 無理のない自然な形のものが多いです
    戦前にあった 詰将棋の専門誌 将棋月報に発表したものです
    将棋月報が廃刊になり その後詰めパラができて
    今日の詰将棋の発展につながつています

    #17058

    kannju
    参加者

    駒落ち定跡
    駒落ちの本で有名なのは
    将棋精選 天野宗歩著
    将棋大観 木村14世名人著
    決定版駒落定跡 所司和晴七段著
    などですか(私の独断です)
    決定版駒落定跡は 名著と言うことですが私は持つていません
    将棋精選と将棋大観は持つています
    平手の定跡は日新月歩 すごく変化していますが
    駒落ち定跡は基本的にはあまり変わらない気がします
    将棋大観は木村名人の独自の研究もあり 下手側から見るとわかりやすいです
    私は上手を持つことが多いので 将棋精選の定跡手順を使っています
    私は新しい駒落の本は読んだことないですが 友人の話では 驚くべき戦法もあるようです

35件の投稿を表示中 - 351 - 385件目 (全385件中)

このトピックに返信するためにはログインしなければなりません。